園部機械電子技術研究所TOP > 製品・サービス > 各種試作開発への技術協力

各種試作開発への技術協力



各種メカトロニクス応用機器や、非鉄金属・プラスチック製の部品・器具などの試作開発にご協力致します。
弊所では機構や筺体の設計製作を主に担当致しますが、電子回路の設計製作もその規模によってはご対応可能で
す。

主に、「アイディアを形にしたいが、材料加工の設備や経験がない」、「量産の前に、製品のイメージがつかめる実物を
用いて検討したい」、「小ロットでの発注を引き受けてくれる加工業者が見つからない」、といったご要望に対して、お客
様と共同で製品の完成を目指します。

材料の加工においては、3軸のモデリングマシンによるアルミ合金やプラスチックの切削加工をメインとして、許容され
る精度や工数によっては様々な工具を駆使し、手作業による接着・溶着、切削や曲げなど、その他の加工にもご対応
致します。

下記はこれまでの技術協力の事例の一部です。



 
株式会社電通国際情報サービス様(東京都港区)/東京大学暦本研究室様(東京都文京区)
との事例:TiCA(Trans-interactive Communication Agent)

ヒトや人工知能の視覚情報の共有に関する研究に用いられるデバイスです。
カメラで撮影された風景を見ている遠隔地の人間や人工知能がどこを注視しているかをLEDの発光位置で指し示す
機能を持っています。
さらにその機能を応用して他のロボットと組み合わせることで、そのロボットに外界とのコミュニケーション能力を与え
ることができます。
弊所では、筺体の内部フレームおよび外装の設計製作、LED基板の設計と実装を担当致しました。
その後このデバイスは株式会社ZMP様の宅配ロボットCarriro Deliverに搭載され、品川駅周辺を無人で走行する社
会実験にも使用されました。

関連リンク:
https://www.isid.co.jp/
https://lab.rekimoto.org/




株式会社電通国際情報サービス様(東京都港区)との事例:ウェアラブルデバイス

IoTおよび人工知能について学べる、中高生を対象としたワークショップに用いる教材です。
腕時計型の本体にLEDマトリクスとマイコンボードESPr Developerを備えており、インターネットに接続して天気情報を
取得したり、あるいは加速度センサを接続して腕の動きを機械学習させたりするなど多彩な使い方が可能で、それら
から得た情報をLEDマトリクスに表示する機能を持っています。
弊所ではプリント基板の設計製作や、各種構造部品の実装に関する設計製作を担当致しました。意匠デザインおよ
び回路設計、ソフトウェア製作は別の関係者様にご担当頂きました。

関連リンク:
http://lab.wired.jp/workshop/summer-school-2016/


大英エレクトロニクス株式会社様(東京都八王子市)との事例:MIDCAR2015

3次元形状のプラスチック部品表面に直接電子回路パターンを設けることのできる技術「3D-MID」の展示・紹介用サ
ンプルです。
走行中に障害物に接近すると可視光の反射によりこれを感知して自動的に方向転換を行うもので、動作中は本物の
自動車のように、ヘッドライトのほかウインカやブレーキランプ、バックランプなど各種灯火類を模したLEDが走行動
作に合わせて点滅します。
「小型かつ機械的な動作を伴ったものを実現したい」とのご要望に基づき、弊所では形態と動作の提案、電子回路・
制御プログラム・機械構造の原案提供および試作を担当し、また試作完了後には一部部品の小ロット製造も担当致
しました。

関連リンク:
http://www.daiei-e.jp/3dmid.html


首都大学東京様(東京都八王子市)との事例:模擬アリおよび誘導用マイクロロボット

昆虫のアリの行動の研究に用いるための、アリを模したビーズとそれを誘導するマイクロロボットです。
ビーズは1mm×1mm×3mmの筺体に0.5mm×0.5mm×0.5mmのネオジム磁石を2個内蔵しており、床面の下層で自
動走行するマイクロロボットの動きに追従して動き回ります。この模擬アリには前後の区別があり、頭部と定義した側
を常に前方に向けて動くことができます。
この模擬アリの尾部に生体のアリのフェロモンを付着させてアリの群の中で動かすことで、アリ同士の相互作用や群
知能に関する研究に利用することができます。
マイクロロボットは無線マイコンモジュールTWELITEを内蔵しており、パソコン上のアプリからの命令によって遠隔操
作することが可能です。
「アリと同サイズで磁石を使って誘導できるビーズが欲しい」というご要望に基づき、ハードウェア一式の設計製作を
担当致しました。ロボットの制御に関するソフトウェアのみ、外注でのご対応と致しました。

関連リンク:
https://kazutakasyoji.wordpress.com/


東芝ITコントロールシステム株式会社様(東京都府中市)との事例:板金製ボックス

電子回路基板を収めるためのアルミ板金製部品です。
図面にてご指示を頂き、板材の切削加工および曲げ加工を担当致しました。

関連リンク:
https://www.toshiba-itc.com/


株式会社ロビット様(東京都板橋区)との事例:産業用ロボット部品

新規開発中の産業用ロボットに使用される、ジュラルミン製のタイミングプーリです。
図面にてご指示を頂き、板材の切削加工を担当致しました。

関連リンク:
https://robit.co.jp/


下田クリニック様(熊本県熊本市)との事例:各種医療器具

エンジニアリングプラスチック製の各種医療器具です。
頂いた原案を基に設計製造を担当致しました。

関連リンク:
http://www.shimodaclinic.jp/



Copyright(C)2015 園部機械電子技術研究所 All Rights Reserved.